不動産売却の考え方とポイント|不動産投資による様々な副業

空き室リスクを回避

握手

不動産投資を行っており、という人は少なからずいるでしょう。不動産投資を行う際に悩みの種となる問題として、空き室リスクと呼ばれるものがあります。不動産投資というのは、投資している不動産に入居者がいなければ利益が発生しません。そのため空き室が発生すると、不動産投資を行う側にとって非常に不利益なことになるのです。その問題を解決する手段として、一括借り上げの利用が挙げられます。一括借り上げというのは、不動産投資を行う側(オーナー)が一括借り上げを行う会社(不動産会社)と借り上げ契約を結ぶことで、空き室リスクを回避することができる、といったものになります。そのため、一括借り上げを利用することによってオーナー側は安定した利益を見込むことができるでしょう。
一括借り上げを利用することで得られるメリットというのは、安定した利益見込みといった点だけではありません。その他のメリットとして、管理の手間が挙げられます。一括借り上げは不動産会社が行うため、本来であればオーナー側が行う建物の清掃や定期メンテナンス、入居者募集及び入退去手続といった様々な管理も全て任せることができるのです。非常にメリットのある内容ではありますが、注意すべき点も存在するのです。不動産側は、借り上げた物件の家賃を変更することができます。つまり、契約時の家賃から減額されるため、オーナー側に入る利益も低下してしまうということになるのです。その物件のローンが残っている場合、利益が低下するとオーナー側のローン返済は苦しいものとなってしまいます。そういった点についても考慮した上で、利用するかどうかを決める必要があるのです。